不用品お役立ちコラム

京都で粗大ゴミを処分する方法

京都で粗大ゴミを処分する方法

京都で粗大ゴミを処分するには、「自治体の回収サービスを利用する方法」、「京都クリーンセンターに自分で持ち込む方法」、「不用品回収業者に引き取りを依頼する方法」の3種類があります。ここでは3種類の方法それぞれの利用の仕方や特徴を解説しますので、京都での粗大ゴミの処分方法が分からなくて困っている方は参考にして下さい。

自治体の回収サービスの特徴や利用法

粗大ゴミの回収方法や回収してもらうために行わなければならない手続きは各自治体によって異なります。

京都市内・京都府下の市町村でも回収の方法やルールは異なりますし、そもそも粗大ゴミと定義しているゴミの種類も市町村ごとに異なります。そのため、近隣の市町村と自分の住んでいる市町村では、粗大ゴミの定義が異なる場合もありますので、近くへの引っ越しでも自治体が変われば粗大ゴミの回収方法は改めて確認しておきましょう。一番確実な確認方法は自治体のホームページです。

粗大ゴミは一般ゴミの収集では回収していない大型のゴミや引越し、大掃除、庭木の剪定などによって大量に出るゴミが対象となりますが、家電リサイクル法の対象となっているエアコン、冷蔵庫、洗濯機、テレビは粗大ゴミとしては捨てることができません。粗大ゴミを戸別回収してもらうためには自治体に電話での申し込みを行わなければなりません。名前や住所、粗大ゴミの内容や数などを伝えると回収日と回収場所、手数料の金額が伝えられます。通知された回収日までにゴミ処理の手数料券を指定された販売店(コンビニ・郵便局・役所)で購入しておきましょう。手数料券はシール状になっていますので、名前を書いて粗大ゴミの見えやすい場所に貼り、指定された回収日に自分でゴミを指定された回収場所まで運んでおけば終了です。なお、ゴミを出すのは指定された当日に限られます。前日や夜に出すと、他のゴミの収集に支障を来すこともあるので、搬出は当日に行いましょう。

京都クリーンセンターへの持ち込み方法

自治体の粗大ゴミ回収サービスは、1回の回収日で出せる個数が決まっていたり、日にちが決まっていることが多いため、引越しなどで大量に出たゴミを一度に処分したい場合は自分で京都クリーンセンターに持ち込みすることが可能です。

京都クリーンセンターは複数個所あり、住んでいる地域によって利用可能な施設が決まっています。持ち込みをする粗大ゴミの内容によっては別々のクリーンセンターに行くように言われることもあるため事前の確認が必要です。クリーンセンターの場所や使用方法は自治体の公式ホームページで確認できます。自治体によっては、持ち込みする前に電話での申し込みが必要な場合と必要でない場合があります。搬入申込書の用紙に記入して押印をしてから持参することになっている自治体もあります。

粗大ゴミ1点ごとに処分費用がかかる自治体の粗大ゴミ回収サービスと違い、自分でクリーンセンターに持ち込む場合は全体の重さによって処分費用が決められているので、戸別回収に比べて処分費用は格段に安いです。ただ、粗大ゴミを家から搬出して、運搬し、クリーンセンターに搬入するところまでを自分で行わなければいけないので、人手やトラックの確保などが必要になります。

不用品回収業者に引き取りを依頼する方法

不用品回収業者に引き取りを依頼する方法もあります。

大きくて自分で家の外に運び出すのが難しいタンスなどの大型家具、引っ越しなどで大量に処分したいゴミがある、日程的に余裕がないため自治体の回収日まで待つことができない、クリーンセンターへの搬入に必要なトラックが確保できないなど、何かしたら困った事情がある時には不用品回収サービスの利用を検討してみましょう。

申し込みは電話またはホームページの問合せフォームなどから行うことが可能です。回収して欲しい品目と数を伝えると、大体の見積額を伝えてもらえます。品目ごとに回収費用が決まっていますが、業者によって回収費用は異なりますので複数業者から見積もりを取って比較検討すると良いです。不用品回収業者は申し込みをすると早ければ即日で引き取りに来てくれることもあるので急ぎで処分したい場合にとても便利です。自治体の粗大ゴミの回収やクリーンセンターへの持ち込みは土日祝日には行われていませんが、不用品回収業者は土日祝日でも回収を行っています。市町村で回収を行っていないものでも不用品回収業者では回収が可能です。自宅まで引き取りに来てくるので、家からの運び出すのが難しい大型の家具や家電も運び出すところから作業してくれるので、依頼者は何もする必要がありません。エレベーターの無い集合住宅で2階以上に住んでいる場合、追加料金がかかることがあるので事前に確認しておきましょう。

京都での粗大ゴミの処分方法

京都の粗大ゴミの処分方法は、「自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用する方法」、「自分で京都クリーンセンターに持ち込む方法」、「不用品回収業者に引き取りを依頼する方法」の3通りがあります。いずれの方法も手間や費用の面でメリットやデメリットがありますので、ニーズに合った方法を選んでください。自分で家から運び出すのが難しいほど大量の粗大ゴミであったり、大きさや重さが理由で回収場所やクリーンセンターまで運べない場合は、不用品回収業者に問い合わせをしてみましょう。多くの業者が見積もりやキャンセルを無料で行っていますし、大量の粗大ゴミ回収や土日祝日の回収にも対応可能です。