不用品お役立ちコラム

京都で「粗大ゴミ」として廃棄できる品目とサイズ

京都で「粗大ゴミ」として廃棄できる品目とサイズ

ゴミは種類ごとに分類して適切に廃棄しなければなりません。その中でも特に注意が必要なのは、粗大ゴミの扱いです。一般ゴミとは廃棄の方法が大きく異なるため、該当する品目やサイズについて正しく知っておく必要があります。今回は京都で粗大ゴミを廃棄する際に必要な情報と、粗大ゴミとしては廃棄できない要注意の品目について紹介します。

京都で粗大ゴミに該当する品目やサイズなど

京都では、燃えるゴミとして収集できない大型のゴミや大掃除などで発生した家財ゴミは、粗大ゴミとして自治体に廃棄を依頼することになります。ただし、一口に粗大ゴミといっても、品目によって処分にかかる手数料は異なるので事前にチェックしなければなりません。京都における粗大ゴミの品目は、以下の4つのカテゴリに大きく分類されています。1つ目はガス器具や石油器具、電気器具で、2つ目は家具および寝具です。3つ目は健康器具やスポーツ器具、娯楽器具であり、分類できないその他の粗大ゴミもこのカテゴリに含まれます。4つ目は台所用品やおもちゃといったガラクタ類、または毛布や枕、衣類などのボロ類と呼ばれる物が該当します。

基本的に、品目によって手数料が指定されていますが、同じ品目であってもサイズによって金額が異なる物もあるので注意が必要です。たとえば、タンスや本棚、ベッドなどは品目だけでなく、大きさ別に金額が指定されています。電子レンジやステレオセット、物置なども同様です。サイズは高さと幅、奥行きを測り、その合計値で判定するルールになっています。2m未満は一括りになっており、2m以上は0.5mごとに分類されているのが特徴的です。処分してもらえる最も大きいサイズは4.5mで、それ以下であれば基本的には廃棄を依頼できます。また、ガラクタ類やボロ類に関しては、45リットルのポリ袋に入る量であることが条件となっています。

戸別回収?持ち込み?京都における粗大ゴミの処分方法

粗大ゴミは一般ゴミのように回収日が定期的に決まっているわけではありません。

京都では戸別回収を依頼する方法と、処分場に自分で持ち込む方法とがあります。前者の場合、自治体の大型ゴミ受付センターに電話で申し込んで、自宅やその付近の回収場所まで収集車に来てもらうのが基本です。具体的な回収場所については、同センターが地図で進入可能な経路を確認して指定してくれます。電話では氏名や住所などの基本的な情報のほかに、粗大ゴミの品目や大きさなどを尋ねられるので電話をかける前に大きさを測っておくなど準備しておきましょう。

その際に手数料が伝えられます。手数料分の処理手数料券を購入して必要事項を記入し、シール状になっていますので品目ごとに粗大ゴミに貼っておきます。処理手数料券は、区役所やコンビニなどで購入できます。貼った状態で指定された日時に指定された場所に置いておくと回収してもらうことができます。依頼者が立ち会う必要はありません。申し込みから回収日までは1週間ぐらいを要するので、余裕を持って申し込むことが大切です。不法投棄と間違われたり放火に利用されることを避けるため、当日になってから出すようにしてください。

一方、処分場に自分から持ち込む方法であれば、すぐに廃棄してもらうことも可能です。ただし、持ち込むにあたって準備する物やルールがあるので気を付けましょう。たとえば、ゴミが飛散するのを防ぐためにシートをかけておくことがルールとなっています。また、同所などで配布している搬入申告書の記入と、本人であることを示すために運転免許証などの身分証明書も提示を求められます。

粗大ゴミとして廃棄できない要注意品目

「大きなゴミ」であれば、とりあえず粗大ゴミとして廃棄できると思われるかもしれません。

しかし、サイズが大きいからといって、必ずしも粗大ゴミとして廃棄できるわけではありません。エアコンと冷蔵庫、テレビ、洗濯機の家電4品目は大型のゴミでありながら粗大ゴミに該当しない代表例です。これら4品目は「家電リサイクル法」の対象品目であり、メーカーによるリサイクルが義務づけられているため、自治体でも処分場でもゴミとして廃棄することができません。購入した店舗や買い替えをする店舗などに相談をして引き取ってもらわなければならず、諸経費の他にリサイクル料金の支払いなども必要になります。

回収時や処理時に危険が伴うガスボンベや消火器なども粗大ゴミとして廃棄できません。さらに、オートバイや農機具のように重量や体積が非常に大きい品目なども同様です。では、こういった品目は一体どのように廃棄すれば…?

自治体で回収してもらえない粗大ゴミの処理でお困りの場合は、不用品回収業者へ相談してみましょう。業者によっては、家電4品目、ガスボンベや消火器などの危険物、オートバイや農機具などの車両なども回収してもらうことができます。不用品回収業者なので、大型のゴミに限らず、小型の家具や家電、細々として日用品であっても回収してもらうことができます。急いでいる場合は当日に対応してもらうこともできますし、希望する日時に自宅まで来てもらうので搬出する手間がかかりません。まずは、お問い合わせください。