不用品お役立ちコラム

「プラスチックごみ」と「プラスチック製容器包装ごみ」

「プラスチックごみ」と「プラスチック製容器包装ごみ」

生活の中にプラスチック製品は溢れています。プラスチックは軽量で、錆びたりすることもなく、様々な形に加工が可能な材質のため、一日のうちにプラスチックに触れることなく生活を送る人やプラスチックとは無縁の経済活動を行っている企業など存在しないのではないでしょうか。しかし、様々な形状で使われるためゴミとして出す際にはどれがプラスチックごみなのか分からなくなることはありませんか。ここではプラスチックごみの分類と、意外にもプラスチックごみに分類されるものを紹介いたします。

どんなものがプラスチックごみとして出せるの?

京都のゴミ分類には「プラスチック製品ごみ」の他、「プラスチック製容器包装」や「燃やすごみ」などがあるため、プラスチックはどの分類で出せばよいのか迷ってしまいます。「プラスチック製容器包装」ごみとして分類する目安は、プラマークという識別マークです。例えば、食品が入っていた容器や商品を包装していたフィルム、中身を使い切ったら不要になるボトル類などがこれに該当します。調味料が入っていたボトルは、形状が似ていてもペットボトルではなく「プラスチック製容器包装」ごみになりますので注意してください。また、ごみに出す際には汚れをしっかりと取って、異物などが混入していない状態でごみに出すように気を付けましょう。汚れが落ちないものはプラスチックごみとしてではなく、燃やすゴミに分類して出すことも必要です。

商品の容器や包装ではなく、製品自体がプラスチックでできているボールペンや歯ブラシなどの日用品、バケツなどはプラスチック製品ごみとして「燃やすごみ」に分類されます。プラスチックのごみとして出そうか迷ってしまう場合には、プラマークがついているかを確認してみてください。

こんなものも「プラスチック製容器包装」ごみ

プラスチックごみを出すうえで、食品トレイやシャンプーの容器など目に見えてプラスチックだと分かるものは分類しやすいですが、「これってプラスチックごみだったの?」と意外に感じるものも中にはあります。

まず、使用頻度が多いものだと、「ペットボトルのキャップとラベル」です。空になったペットボトルを、ラベルとキャップも付けたまま「ビン・缶・ペットボトル」のごみとしてすべて一緒に出してしまってはいませんか?京都では、ラベルとキャップはプラスチック製の容器と包装に該当します。面倒ではありますが、ごみとして出す際にはラベルとキャップはペットボトルから外して出すようにしましょう。

次に、玉ねぎやミカンが入っていた「網やネット」も、販売される時に使用された容器であるとして「プラスチック製容器包装」ごみに該当します。ただし、生ごみなどが入っているネットはプラスチックのごみとして出すのではなく、燃やすごみとして分類しましょう。

引っ越しの際などに緩衝材として利用されているエアークッションや発泡スチロールは、「プラスチック製容器包装」です。商品を包んでいる包装として扱われているので、よく見るとプラマークが表示されています。最近は、焼却処理した際のCO2発生量が少なくて済むような環境負荷の少ない緩衝材の普及も進んできています。主に紙やでんぷんを主成分として製造されているので、プラスチックではなく「燃やすごみ」に分類されます。見た目では違いがあまりわからないので、プラマークがついているかを確認しましょう。

処分に困ったら不用品回収業者に処分を依頼しましょう

「プラスチックごみ」と「プラスチック製容器包装ごみ」の違い、間違えそうだけれど実は「プラスチック製容器包装ごみ」に分類されるもの、について紹介しました。プラスチックごみの分類について、少しわかっていただけたのではないかと思います。しかし、身の回りで多く使われているプラスチックなのに分類がわかりにくかったり、少し手間をかけて分類しなければいけないゴミであったり、プラマークの表示を確認しなければいけなかったりすることなどもおわかりいただけたかと思います。

分類が面倒という理由でゴミをため込んでいる人もいるのではないでしょうか。ほんのささいなことをきっかけに、ゴミ出しをするのが面倒になったり、分類が雑になってしまうこともあります。

ただ、大量にゴミをためこむようになったり、サイズが大きなゴミを長期間放置するようになると危険信号です。自分ではどこから手を付けたらいいのかわからないくらいの量になってしまったり、生活空間を圧迫するくらいのゴミや不要品に悩まされているようであれば、一度、不用品回収業者に相談をしてみてください。ゴミでいっぱいになっている家を他人に見られたくないという心理が働くかもしれませんが、プロのスタッフは多くの現場を経験していますので憶することなく作業にあたってくれます。女性の方で、男性を自宅に上げるのに抵抗がある方は、女性スタッフを指名して依頼することもできます。自分だけでは処理が難しいゴミや不要品がありましたら、不用品回収業者の利用を検討してみてください。