不用品お役立ちコラム

急な転勤!時間がない中での引越し準備

急な転勤!時間がない中での引越し準備

急な転勤などの事情によって、すぐにでも引越しの準備をしなければならない方もいることでしょう。しかし、日中に仕事をしながら転居の段取りを進めるには少しでも効率良く動かないと、引越しが間に合わないばかりか仕事にも支障をきたしかねません。そこで、このような事態を回避するためにも、効率よく引越し準備を進めるためのアイデアをここでは紹介していきましょう。

まだ引越しまで少しだけ時間に余裕がある場合

突発的な事情があるにせよ、引越しの期日まで少しでも時間に余裕があるのならば、次の引越しのコツをおすすめします。

それは、部屋やスペースをブロックに分けて荷造りや梱包を進める方法です。まず手順としては、キッチンやリビングあるいは玄関やベランダなど、各スペースを1つのブロックとして分類していきます。なお、洗面所や風呂場といった用途あるいは位置関係が近いエリアは、まとめて1つのブロックとみなします。ブロック分けが済んだら、さらにそのブロック内を細かくグループに分けます。例えばキッチンであれば、鍋やフライパンといった「調理器具類」、茶碗やお皿などの「食器類」、あるいはタワシやスポンジのような「洗浄器具」など。さらにリビングならば、ソファなどの「家具類」をはじめ、テレビやオーディオといった「家電製品」、花瓶や照明器具のような「小物類」のように、グルーピングしていきます。ある程度までグルーピングしたら、いよいよダンボールへ詰めていきます。

この際に注意すべきポイントは、引越し当日まで使うものは残しておいて、使う予定のないものを先に梱包していくことです。また家のカギや金品あるいは高価なアクセサリーなど、貴重品についても梱包せずに残しておきましょう。これは引越しの過程で紛失してしまったり、どこに入れてしまったのかわからなくなるリスクを避けるだけでなく、引越し業者の保険が基本的に貴重品には対応していないためです。引越し当日まで使わないものを梱包し終えたら、次にブロックとグループが分かるように、ダンボールにマジックで大きめに明記します。例えば、キッチンのものであれば「キッチン・収納棚・食器類」、洗面所ならば「洗面所・キャビネット・化粧品」といった具合です。なお、大きな家具や家電製品などについては、毛布やダンボール等をクッションにして巻きつけておきましょう。

続いては、引越し当日まで使うものをダンボールへ詰めます。ただし、あくまでも当日まで使用するものなので、フタをガムテープなどで封印せずに、開けたままの状態にしておきます。そして、引越しの当日または前夜になってから封をしましょう。

引越し当日まで時間がない!とにかく急いでいる場合

あまりにも急な転勤命令や家庭の事情などによって、荷物を分類するだけの十分な時間がない方もいるはずです。

このような場合にはあえて分類しないで、目につくところから可能な限り、ダンボールへ荷物を入れていくのも一つの方法です。引越し当日までに梱包が間に合わなくなるよりは、ずっとリスクを低く抑えることができます。ただしこの場合であっても、先述したように、「引越し当日まで残しておくもの」と、「しばらく使用する予定のないもの」だけはしっかりと見極め、分類しておきましょう。引越し当日まで必要になるものは、新居に移ってからもすぐに必要になるものがほとんどでしょう。毎日の生活で必要になる最低限の食器類や洗面用具類などは、一番最後に梱包して一番最初に開封できるようにしておきましょう。

持って行けない家具や家電はどうする?

どんなに工夫して引越し作業を進めても、移転先には置けない家具や、不要な品物などは出てしまうものです。移転先の住居環境によっては、ベッドや冷蔵庫あるいは洗濯機など、大きな家具や家電を処分する必要に迫られることもあります。家具や家電の処分は、引越しを急いでいる場合だけでなく、一人暮らしや高齢者のみの世帯などにとっても、大きな負担になります。そこでおすすめしたいのが、民間の不用品回収業者です。

不用品回収業者の中には、引越しサービスにも対応している業者があります。なので、そういった不用品回収業者に依頼すれば、引越しと不用品の回収と別々の業者に依頼する必要もありません。電話やホームページから予約を入れると希望した日時に自宅まで回収に来てくれます。即日対応が可能な場合もあります。大きな家具や、重たい家電を運ぶ技術やノウハウも持っているので、壁や床をしっかりと養生をした上で安全に運び出してもらうことができます。移転先に運ぶことはできないが、処分してしまうのも惜しい…という家具や家電があれば、業者によっては買取に対応してくれるところもありますので相談してみましょう。